マルタ病院生活3日目。

昨日はマルタ人友人が荷物を届けにお見舞いにきてくれたものの、不安だったのかよく眠れず。

今日は、2日後の手術に向けて、待つだけの日。

在住日本人の方々が、この日から日替わりで続々とお見舞いに来てくださり、人の優しさのありがたみを強く感じました。

 

 

■マーテルデイ病院、6/23の病院食

 

▼朝ごはん
チーズサンドウィッチ
ヨーグルト
紅茶

マーテル・デイ病院の食事,マルタ

7:00 朝食
昨日あまり眠れなかったせいか食欲がない。

昨日と同じバターを塗ってチーズを挟んだだけのシンプルなサンドイッチ。

ヨーグルトは昨日なかったが、朝食には必ず付く事を知り、それと一緒にもらいサンドイッチは今日は食欲がないので一切れのみ。

もしかして、毎日この内容なのかな…ドキドキ(不安)。
私、毎朝フルーツと野菜と豆乳を使ったスムージーを作って飲んでいるのに、こんなビタミンと繊維が取れない朝食だと便秘しまうやん…と心配に。


▼昼ごはん
ブラジオリ(病院でマルタの伝統料理が食べられるなんて!)
ブロッコリーとカリフラワー(毎食のルーティン)、ポテトと人参のスチーム
チキンスープ
カシスゼリー
マーテル・デイ病院の食事,マルタ11:45 昼食

なんと病院食でマルタの伝統料理、ブラジオリ(肉の肉巻き)が出てきたことに驚き!

少しテンション上がって、食欲も出る。病院食にしてはなかなかの美味。昨日連続で出てきた付け合せのマッシュポテトから形を変えたポテトに若干安堵。野菜がいつもより多めで食べられた。

赤いシートに、食事メニューがチェックされて出てきた。が、名前が別人。「前にこのベッドに入院した人の名前なだけで内容は合っている」と言われるが。(不安)

マーテル・デイ病院の食事,マルタ

実はこの赤いシートを初めて見たことで、病院食には、前菜(スープ、ショートパスタ)・メイン(肉、パスタ、マルタのおかず盛り合わせ)・デザート(プリン、ゼリー、フルーツ)が3種類ずつあることを知る。

後に判明するのだが、看護師さんによっては選ばせてくれたが、日によって強制的に選ばれたものが出てくる。一定ではないのがマルタらしい。


▼夜ごはん
チキンハンバーグ
マッシュポテト(お馴染み)
ブロッコリーとカリフラワー(レギュラー確定)、人参のスチーム
きのこのスープ

マーテル・デイ病院の食事,マルタ17:30 夕飯

もうこの時点で、レギュラー確定のカリフラワーとブロッコリー、マッシュポテトには、手を付けられなくなってしまった…。

きのこのスープが味が濃くて美味しく、それのみたっぷり飲んだ。

 

 

■日本人在住者の方からお見舞い

 

夕食前の16:30、授賞式の着付けとヘアセットをしてくださった美容師さんと、マルタフィル交響楽団でヴィオラ奏者(現在は退団され別の地へ)の大本綾子さんがお見舞いに来てくださった。

手作りのゆかりと海苔のおにぎり、玉子焼き、スティックサラダにフルーツのお弁当。

マーテル・デイ病院でお見舞い,マルタ

事前にお見舞いに行く旨を告げられ、食欲がないことを伝えると、胃に入るようにとの心配りで日本食をわざわざ作り、一緒にハッピーターンとぼんち揚といった日本のおせんべいも持ってきてくださった。

思い出して書いているだけでも、涙が出そうになる。

なんでこんなことになったのだろうと、一人で過ごし考える時間が多くなると、急に心細くなってきたところにちょうどお見舞いに現れてくださり、この温かなお弁当と優しい気配り。本当に心に胃に、染み入りました。

また、使う場面が多く意外にないと困った、タオルも一緒に持ってきて頂いた。


怪我の前日の着付け時に「マルタの地面って、石がツルツルしているから足滑りやすいよね!」とちょうど話していたところだったのにね、と話した。

美容師さんも以前、道路で滑って手首を捻挫したことがあるらしい。

他のマルタ在住者の方も、私のように入院するほどではないが、足を滑らせ怪我した経験がある方はいらっしゃった。

それぐらい、足元気をつけないとね、という石の街。

つるつるした底のシューズやサンダルでの歩きは、どうぞ本当にお気をつけ下さい。底がギザギザで滑り止めのある安定したものを推奨いたします。

 

大本綾子さんからは、以前海外で怪我か食中毒か(どちらか忘れてしまった)で飛行機に乗った際の、フライトの保険適用や役立つ情報を教えてもらえた。

・空港内で搭乗ゲートまでの移動時に補助が必要なら、フライト予約時に申し出れば手配可能
・ビジネスクラスは、怪我の症状や状況により必要な場合は保険適用可能
・空港から家までの移動タクシー代も保険適用可能

要必読

誤解を招いたらいけないので、最終的にどうだったか、私の場合を書いておきます。

・空港内で搭乗ゲートまでの移動時に補助が必要なら、フライト予約時に申し出れば手配可能
→すでに予約が多く手配できなかった。必要な方はお早めに!子連れの方、お年寄りなどが手配するため意外に予約で埋まるようです。
補助とは…電動車に乗って搭乗ゲートまで連れて行ってくれやつです。見たことありますよね?大荷物持ってギブスで移動して大変だったので、本当に予約しておけばよかった!と超後悔しました。

・ビジネスクラスは、怪我の症状や状況によって必要な場合は可能
→保険適用になると見越し、ビジネスクラスを予約したが、帰国後保険申請したところ結局、腕のケガの場合のビジネスクラスの適用は不可に!
帰国後、保険会社より「脚の怪我で伸ばせない場合はビジネスクラスも理解できますが、腕の怪我で必要でしょうか?」と言われ、頑張って訴えたが却下。
最終的には、手術延期などでフライトを取り直したため、エコノミークラス分の航空券は保険会社負担、ビジネスクラスとの差額は自己負担となった。

・空港から家までの移動タクシー代も保険適用可能
保険適用ならず!
理由は、ケガ発生時や通院時の移動ではなく、ただの帰宅のための移動は対象外だそう。
羽田から自宅まで、2万5千円!出費痛かった!でもバスで、荷物を自分で積み荷するのは大変だから、楽さと安全を考えるとタクシーで正解だった。

 

 

■病院でもローマンカトリックの儀式

 

15:00 ミサ@病院

日曜だからか、教会のミサに行けない入院患者のために、プリーストが病室を訪れローマンカトリックの儀式が行われた。

プリーストが各病室を訪問。患者の口に白く丸いせんべいのようなものを入れ、聖水をかける。

私にも声をかけてくれ「君の宗教は?」「ノーレリジョン(無宗教)」と答えた。

しかし「無宗教だが、同じ儀式をやってもらえるの?」と興味本位でダメ元で聞いてみる。

「君がローマンカトリックならよいが…」とやんわり断られる。そりゃそうだ。宗教の垣根は根深い。

 

 

■明日の手術に備えて絶食

 

今日は手術予定だったが、2日後に延期となったため、朝から体を洗われ2日ぶりのシャワーでさっぱり。

マーテル・デイ病院で入院生活,マルタ

病院服は、後ろで紐を何箇所か縛って着るタイプ。怪我していた時に着ていた服からやっと替えられた。

お風呂はどのようにするのかというと、病室内にある4人で共用のトイレ&シャワーの場所で洗う。もちろん湯船はない。

トイレの中にシーツを敷かれた上に立ち、看護師さんが石鹸と水で泡立てたおしぼりで体をゴシゴシ洗ってくれる。

デリケートなアソコは「自分で洗う?手伝おうか?」と聞かれた。多くの人は「大体嫌がる」と言うが、「私は気にしないけど、左手が使えるから自分で洗う」とゴシゴシ。

この後が衝撃。シャワーで体全体を流してくれると思いきや、ざっとタオルで拭き取り終了。

えぇ!ちゃんと泡拭き取れてる!?大事なアソコとか、泡まみれなまま気持ちわるいやん!?

不安いっぱいの私に「OK、OK、ノープロブレム」と、プロブレムありまくりなのだが、ざざっと再度ざっくり拭かれ、体も心も気持ち悪いままお風呂終了。

 

 

17:30の夕飯後、その前に頂いたお見舞いの日本食を食べたからか、胃から体中が安心し急激に眠くなった。

それから3時間くらい眠った。

マーテル・デイ病院,マルタ

起きると「もうすぐ消灯だよ。明日は手術だから、水と食事はミッドナイトまでに済ませてね」と看護師さんに言われる。

行き違い防止のために「この人には食事と水は与えていけません」の札をベッドに立てられる。

 

21:20 消灯

まだ眠れずいると、同室のおじさんから「カヨコ、尿瓶にオシッコしたいからカーテン閉めて欲しい」と頼まれる。

この後私も体験するのだが、ナースコールを押しても、なかなか来てくれない。

宿直の看護師さんが少ないのもあるが、「今この仕事で忙しいから」と理由を付けられ、受付に座って事務仕事をしているだけなのにナースコールを無視、なんてことがよくあった。

なんだかんだ小さなことでもすぐコールするマルタ人を甘やかさないためか?

よって、知らない人同士であっても、病室ではお互い助け合った。

 

23:00 同部屋の人達が眠る中、残りのおにぎりを頬張り、手術絶食前最後の食事を摂る。日本食、人の温かさが身にしみる。


00:50 ケガ&入院で色々と予定が変わってしまったため、仕事先やフライト&宿キャンセル、そしてSNSで頂いた励ましのコメントへの返信やっと終わる。がまだ眠れそうにない。

SNSで「受賞しました」と「ケガしました」の報告をできたのは、このタイミング。

私を昔から知る人たちは「なんかカヨコらしいって言うか…」と心配と、笑いと、励ましと複雑にミックスされた気持ちだったようだ。





オンライントークイベント!Zoomでマルタとつながりましょう!

今週末!! 6/27(土)18:00〜19:30『ヴァーチャルとりっぷマルタ

▶お申込み:https://online-malta.peatix.com
在住者お二人をゲストに、ヴァレッタとゴゾ島から中継!街の様子やコロナ前後の様子、今のマルタをお届け。マルタへ行った気分をぜひ味わって下さい。

来月!! 7/18(土)19:00-20:30HIS主催『マルタのおいしい「食」からまなぶ豊かな「暮らし」

▶お申込み:https://peatix.com/event/1520403
マルタで料理教室をするマルタ人の先生と日本人在住者の方が出演。マルタならではの食材や食べ物をお見せして、伝統料理や食文化についてトーク。
参加チケットは3種類!トークイベントのみ、チスクビール付き、マルタ海塩使用の銀座LESOLCAの贅沢チーズケーキ付き。マルタの食を楽しみながら参加いただけます♪

コメントを残す