リセット女子旅マルタ8月編、ついに最終日です!

 
ゴゾ島で2泊し、今日はマルタ島へ戻って観光をして夕方の便で帰国。
 
グルメに観光にアクティビティに買い物に…と夏のマルタを満喫した御一行さま。
 
でも最後まで遊び欲、食欲、買い物欲は止まりません!
 

3月の旅レポートはこちら

 

ゴゾ島シュレンディーベイで朝さんぽ

 

今日は帰国日。

ちょっとの時間でもマルタをゴゾを感じたい…てことで、また早起きして周辺さんぽです。朝7時くらい。

朝早いと猫にもよく遭遇します。

右写真は、昨日ご参加者さまと打ち上げディナーをしたTa Karorina。

昨日の賑わいとは打って変わって、閉店時はこんな感じなのね。

朝さんぽは、シュレンディーベイを一望できるビューポイントへ。

レストランの向こう側にある崖の白い階段を登ります。

こんな狭い階段です。

少し登っただけでも、結構高い!

遠くから階段を見るだと、ちゃちゃっと登れそうな気がしてました。

が、まだ登り始めなのに急勾配にゼーゼー。

早くも登りに来たことを後悔し始める。笑

太陽じりじりで朝っぱらから汗かきました。

登りきると、階段は下りに。

怪しげな扉が見えてきます。

扉をくぐり抜けて、さらに下ってゆくと洞窟が!

洞窟から見える景色はこちら、シュレンディーベイ。

穏やかで静かな波音が聞こえます。

朝や昼間はいいけど、夜だと足元がすぐ海なのに気づかずドボン!といきそうなので気をつけて〜。

帰りは、シュレンディーベイと一帯のホテルが見えて美しい眺望。

私達が泊まったセントパトリックスホテルも左手に見えています。

 

さよならゴゾ島、さよならトニー

 

ホテルに戻って朝食。

この日は天気が良かったので、テラス席で。

先ほどまでいた崖と、シュレンディーベイを眺めながら、気分の良い朝です。

おっと。

匂いにつられた猫ちゃんがやってきました。

何やら物欲しそうな顔!

毎日ここに来て、宿泊者に朝ごはんをおねだりしているようで、人慣れしている猫ちゃん。

ハム、ベーコンをあげるとパクパク勢いよく食いついてきました。

ちょっと痩せ気味な猫ちゃんだったからね。

いっぱい食べて大きくなってちょうだい。

朝ごはんを終えて、ゴゾ島フェリー乗り場イムジャール港へ向かいます。

途中、ドライバーのトニーが「キレイな教会があるんだ」と、前日に続きまたもや寄り道!

どうもマルタの人たちは、決めた予定どおり真っ直ぐ進めないようです。笑

Feast=お祭りの週だったようで、特別な飾り付けがされていました。

こういったお祭りの飾り付けを初めて見るご参加者様。

珍しい光景に、カメラを構えてパシャパシャ撮られていました。

最後はトニーとハグ&握手してお別れ。

今回も親切で常に笑顔だったトニー、ありがとう。私は9月もまたよろしく!

 

マルタ島、ポパイヴィレッジからの〜ビーチ、パスティッツェリアへ寄り道

 

最後の観光はマルタ島へ戻って首都ヴァレッタへ!

その前に、ご参加者様よりリクエストのあったポパイヴィレッジへ寄り道。

外から写真を撮るだけですが、みなさん「カラフルでかわいい〜!!海きれ~い!!」と大はしゃぎでまたも写真撮りまくりです。

私もこんなテンション上がった写真撮って頂きました。

あまりポパイヴィレッジが見えていないけれど。笑

真っ青な空と共に、マルタ背景に1人で写るが写真あまり無いので、お気に入りです。

今回の旅は、人数が多かったから私までみなさまからお気遣い頂き、写真もたくさん撮って下さって本当にありがとうございました。

写真右はGolden Bay ゴールデンベイ。

左は、Għajn Tuffieħa Tower アイン トゥフィーハ タワー、監視塔です。

マルタは四方を海に囲まれた島国で、どこからでも攻め込まれる状況だっため、海岸沿いにはこうした監視塔が様々な箇所に残っています。

Għajn Tuffieħa Towerの左手にはGħajn Tuffieħa (Riviera) Bay アイン トゥフィーハ ベイ。通称リビエラビーチとも言います。

ここが!めっちゃくちゃ海の色がキレイで、うわー!と圧倒されました。

ビーチまで降りるのに200段ぐらいの階段があるらしく、辿り着くのも大変ですが、苦労して歩いた分ご褒美的に美しい海が臨める穴場ビーチでもあります。

マルタ島担当のドライバーのエドモンド。

ゴゾ島のトニーもいつも笑顔だったけど、エドモンドもこの丸っこいお顔でいっつもニコニコ。

その笑顔の理由は、旧ブログでエピソードをご紹介していますのでぜひご覧ください。
マルタ人の哲学を感じました。
【参加募集】11/30(金)トークイベント「自分らしく生きる、人生の転機を作るマルタ旅」

 

はい、お次はマルタ島寄り道2つ目〜。

「パスティッツィが食べたい!」とご参加者様さまのリクエストにお応えして。

適当に通りかかったお店のではなく、せっかくならマルタ島No.1と言っても過言ではないIs-Selkinイッセルキンへ、イムディーナの隣町ラバトへとやって来ました。

旧店名:Crystal Palaceクリスタルパレスと未だに呼ばれることもありますが、オーナーさんも変わってますし、どうぞ覚えてくださいね。

なんとエドモンドが「ここは俺のおごりだ!みんな待ってろ!」と買い出しにも行ってくれて、ご参加者のみなさんは近くの公園で待機。

1人1個食べても余るぐらい大量購入し、最後はエドモンドから「食べろ食べろ!」と無理やり2個食べさせられている方もいらっしゃいました。笑

ありがとうエドモンド〜!

 

エドモンドの買い出しに一緒に行った私。

3月のリセット女子旅マルタで行ったときには無かった、Is-Selkinの店頭のテラス席の枠と、しかも隣にジェラテリアが出来ている!と変わり様に衝撃。

Is-Selkinも『まるごとマルタのガイドブック』の取材でお世話になったので、オーナーさんがいれば挨拶したいなーと尋ねてみると「隣のジェラテリアにいるよ」とな!

エドモンドに「私ちょっとだけジェラテリア覗いてくる」と言い残してお店を訪ねると、いた!オーナーのケネス!

3月に続いて「また来たよー」と言うと「びっくりしたろ、外は変わっているし。ジェラテリアもオープンしたんだ」と。

5月にオープンしたばかりらしい。

「せっかくだから食べていくか?」と言われ、遠慮しても「遠慮すんな食べろ!」といつものごとく言われ、ご馳走になりました。

「どのフレーバーがいい?」「お店一押しの味で!」と言って差し出してくれたのは、チーズケーキ味。

ストロベリーソースがかかって、ちょっとピンクがかったジェラートは甘酸っぱくて濃い。

本物のチーズケーキで言うと、土台の部分のビスケット生地が砕かれたものも入っていて、食感もGOODでした。

パスティッツィを食べた後は、甘いジェラートもぜひ別腹で食べてみて!

 

マルタ島ヴァレッタ散策、ZeroSei(ゼロセイ)でパスタランチ

 

寄り道をたっぷりして、予定していた首都ヴァレッタへ12時過ぎに到着。

13時からのランチまで時間があるので、ガイドさんとともに聖ヨハネ大聖堂へ。

カラヴァッジョの絵画『洗礼者聖ヨハネの斬首』はいつ見ても圧倒されますね。

これが去年から写真撮影OK(フラッシュ無し)になったのは、すごい画期的だと思う。

天井画や、黄金色に輝く壁や装飾といった、上の方にばかりつい目を奪われがちですが、足元にもご注目を。

床はすべて大理石。

歴代のマルタ騎士団長たちが眠るお墓が並んでいるんです。

よーく見ると、すべて柄も書いてあることも異なります。

聖ヨハネ大聖堂に入る際は、床の大理石を傷つけるので、ハイヒールは禁止ですのでお気をつけを!

いきなりチューかよ!林の顔は無様だし何だこの写真って感じですよね。笑

こちら、ZeroSeiゼロセイのオーナー、ファウストです。

私が取材関係なく連続で食べに行ってしまったというくらい、一押し店の1つのトラットリアです。

到着後すぐにウェルカム〜アモーレ〜マリーミーと英語とイタリア語を織り交ぜて、イタリア男子らしいリップサービスで手厚い歓迎。笑

こういう外国人からの親しみを持っての挨拶に、毅然と自然に対応できるようになりたいものです。無様な顔でなく!

3月のリセット女子旅マルタで訪れた際、ガイドブックのコピーと、私の名刺と、拡大プリントした取材で撮影した写真をプレゼント。

なんと、お店に飾ってくれていた!しかもちゃんと額縁付きで立派に!

これ、知らなかったのでめっちゃくちゃ嬉しかったです!!

場所は、店内奥に進む途中に、少数のテーブル席がある中間フロアみたない所があり、そこの壁に飾られています。

行かれた方はぜひご覧くださいませ♪

 

みなさん、ここが最後のレストランでの食事となるのですが、何が一番美味しかったですかー?と聞くと、やはりここZeroSeiのパスタ!と答えられる方多かったですね。

写真を撮り忘れてしまったのですが、サービスでトマトのオリーブオイルがけも出してくれました。

「トマト好き?食べる?」とファウストに言われ、「う、うん」とよく分からず答えると「めっちゃくちゃ美味しいブランドものトマトが今入ってるんだ。シンプルにオリーブオイルだけで食べると最高だから食べてみて!」と。

オリーブオイルをひったひたにかけたトマト、皮が厚く食べごたえあり。

本当に美味しいものって、シンプルな味付けで素材そのものの味だけで充分なんですよね〜。

しかも「余ったオイルにパンを浸して食べると、これまた最高に美味いんだよー」と、さすが美味しいもの大好きイタリア人、パンまでサービスしてくれてイタリア流の通な食べ方も楽しませてもらいました。

私がオーダーしたパスタは、Today’s Specialのレモンパスタ。

お店で見たこと無いメニューだったので初挑戦。

レモン果汁とレモンピールがたっぷり入った、夏らしいさっぱりしたレモン味に、こっくりしたクリームが絡まり、見た目のシンプルさを良い意味で裏切る満腹感。

そして締めはもちろんティラミス!

「これ以上無理!入らん!て方以外は、無理を押し通してでも食べて、絶対後悔せんけん!」と私おすすめの一品。

満腹だけどせっかくだから!と食べた方は「美味しくてパクパクいけちゃいました!」と大満足。

実は私達がZeroSeiゼロセイにいる間、私のガイドブックを持ってお店に入ってきたお客さまが4組もいらっしゃいました。

ここ日本じゃない、マルタですよ!

ガイドブックが使われているのを実感した瞬間でした。

左の写真は、『まるごとマルタのガイドブック』を持って、予約して来られたカップル。(写真掲載の許可頂いてます。)

ブログも見て「ZeroSei一押しだったので、絶対来たいと思って予約しました!」とのこと。ありがとうございます!

中には予約をしておらず、泣く泣く入れず帰っていくお客様もいらっしゃいました。

お友達と一緒に来たという留学生の女の子たちが、せっかく来たのに食べれない…と困った様子。

「どこか他にお店ありますか?」というので、「姉妹店のSotto Pizzeriaソットピッツェリアはどう?パスタじゃなくピザだけど、そこも評判で美味しいよ!」と伝えました。

その後、アッパーバラッカガーデンで偶然再会した時「ピザ美味しかったです!」と行ってくれたそうな。よかったよー。(偶然再会できるのも狭いマルタならでは。笑)

元々地元の人たち、特に舌の肥えたイタリア人に人気だったのですが、2年前に取材した頃は予約なしでも入ることができました。

しかし人気が高まり、さらに『まるごとマルタのガイドブック』で紹介して以来、日本人のお客さまもたーくさん訪れて下さるようになり、予約無しでは入れないほどに。

て言っても空いてたら入れるんじゃないの〜ってふらりと行っても、昼でも絶っっっ対入れませんので。

食べ逃したくない方は、必ず予約を。
Facebookのメッセンジャーから送るのが、手軽でレスポンスも早いですよ。
▶ZeroSei Facebookページ

ランチを済ませて残るは、16時までの自由時間。

マルタパンにハマって絶対買って帰りたい!というご参加者様をお連れして、市場Is-Suq Tal-Beltへ。

地下1階のパン屋さんでマルタパン、買えます。

食材なら何でも揃う感じの市場。

ちょっと値段はお高めのものばかりを集めた感じですが、お土産品の買い忘れや、パッケージの良いお土産品を買いたいならここは良いと思います。

最後、マルタ在外大使のアンドレとともに記念撮影〜。

アンドレは↓左写真のヴァレッタ内にある外務省で働いているので、休憩がてらちょろっと会いに来てくれてお茶しました。

右の写真はオーベルジュ ドュ カスティーユ、首相官邸です。

最後はアッパーバラッカガーデンに再集合し、16時の大砲が鳴るのを見て観光終了!

 

マルタ空港内、リニューアルでキレイに!フードコードも!

 

全ての観光予定を終え、帰国の途へ。

願うは…遅延だけはしませんように…!3月旅の悪夢が蘇る!!

空港ではなんと、偶然の再会!!

2歳娘とマルタで親子留学【留学生ママのブログ】のご家族3人と!!

3月旅の時には、奥様のKさんと再会してちょろっとバーでお話できたのですが、旦那様お子ちゃまとは会うことが出来ませんでした。

今回の滞在中もまた会えるといいね〜と言っていたものの、予定が合わず諦めていたらなんと最後に会えるとは!

ご家族はイタリア旅行へ出発される所でした。

次に私が9月に行く時には、ご家族は1年の家族留学を終えて帰国。

今回の8月旅が現地で会えるラストチャーンス!だっただけに、会えて本当によかった!神様が引き合わせてくれたのね。

マルタ空港2階、セキュリティゲートを通って免税店を通り過ぎて左奥に行くと、こんな広いフードコートが新しく出来ていました。

お土産屋さんを買うエリアも、以前よりキレイに広く見やすくなりました。

今回は遅延なく無事出発!

バイバイ、マルター! See you in 3 weeks! また9月に!!

トルコ上空。

夜景めちゃキレイでした。

 

入国手続きは、なんとセルフ式の自動化ゲート。

パスポートを画面に合わせ、でっかいパネルに顔を認識させて、1分も掛からず終わったんじゃないかな。超楽ちんでした。

トラブルもなく無事成田空港へ到着!

みなさま、暑い暑い8月のマルタ旅、お疲れ様でした〜

人数が満席で、3月のこじんまりアットホーム旅とはまた違う、賑やかでアクティブな旅となりました。

リセットというよりリフレッシュという感じだった、というご感想もありました。

そうですね、夏旅はやはり夏にしかできない海の遊び、コミノ島観光を入れていたりもしました。

どこに行っても人が多く時間はかかる分、アクティブに動かなきゃいけない部分があったので、予定外の観光も含めて、たくさんのアクティビティ・観光をこなして、マルタを満喫頂く旅になったのではと思います。

ご参加頂いたみなさま、どうもありがとうございました!!

 

前の記事<<5日目:ゴゾ島でSUPヨガ〜ビール醸造所〜旅の打ち上げ!

 


H.I.S.コラボツアー
『リセット女子旅マルタ』2019

3/21(木祝)発、4/27(土)発 参加受付中
<12/25迄>のお申込みで2万円引き!

コメントを残す