昨年12月にマルタ留学した時の、同日入学メンバーで同窓会をしてきました!
 
マルタ留学同窓会
 
 
って記事を、同窓会をした2/23(土)翌日に下書きしたのに、引越し→確定申告→リセット女子旅とバタバタとして、アップできず4月になってもーた!!
 
 
1ヶ月半も経ってしまいましたが、珍しく男性のマルタ留学経験者なので、
 
・男性目線から見たマルタ留学ってどんな感じなのー?
 
・冬の留学ってどんな感じだったの?
 
って内容と合わせてぜひともここでご紹介を!
 
 
 
 
同窓会の場所は、新橋にあるレストランマルタさん。
いつもお世話になっていまーす!
 
 

マルタ留学同窓会inレストランマルタ

 
 
12/9(土)〜15(日)に2度目のマルタ留学をしてきました。
 
『新版 まるごとマルタのガイドブック』にもその体験レポートを書いていますので、ぜひご覧くださいね♪
 
 
EC Maltaに同日に入学した30+(30歳以上コース)の日本人は、私を含め計3人!
 
3人て! めっちゃ少ないよねー!
 
驚きでしょ? 私もびっくりした。
 
 
で、その3人メンバーでの同窓会です。
 
3人とも、12月ぶりに食べるマルタ料理。
 
アリオッタスープに、ラビットシチュー、フティーラ、魚介のフリットなど。
 
男子2名なので、ガッツリメイン料理が多めで(笑)沢山シェアしながら食べられたので超満腹でマルタ料理を堪能…!
 
 
やっぱマルタ料理って美味しいよねー!!と、一同再会の味に感動。
 
女性だけでなく、男性もハマっちゃうマルタ料理。
 
「マルタ滞在中は、何食べても美味しかった!」と絶賛されていましたよ。
 
素材がいいから何食べても美味しいかなー、とも。
 
 
 

少なくて超穴場!? 冬のマルタ留学

 
 
前述の通り、EC Malta 30+(30歳以上コース)に私と同日に入学した日本人は、私達3名のみ!
 
たった3人という少なさにも驚きですが、私以外男性のみってのもびっくりしたよ。
 
 
さらに・・・
他国の人たちを合わせても、30+(30歳以上コース)の同日入学者は、たったの計11人!!
 
 
あれあれあれ…!? 私が2012年9月に入学した時と状況が全然違う!
 
 
日本人がわんさかいただけでなく、夏は各国の生徒自体が多くてひしめき合っていた印象だったのに。
 
 
さらに、変わっていたことは多々ありましたよ。
 
2012年にはまだなかった、サンデーアクティビティが導入されていました。
 
サンデーアクティビティとは…
入学日前の日曜日に、同日入学者が集まり事前説明会と、その後に行われる懇親会のこと。
 
 
私は、このサンデーアクティビティのおかげで、同日入学者で友達が早速できて仲良くなるのがとても早くありがたかった!!
 
日本人たった3人、全体でも11人という少なさだったため、コンパクトにまとまりやすかったからかな。
 
すぐにWhatsAppアプリでグループを作って、みんなで毎日なんかしら会って遊びに行ったりご飯行ったりできました。
 
よって、冬の留学のこじんまりさは、こういった友達作りに好影響なところは最大のメリットだなーと感じました。
 
 
 
 
 

男性陣に聞く! マルタ留学を決めた理由って?

 

同日入学しかもみんな東京で、こうして再会することができたYさんとKさん。
 
男性が社会人留学する理由って何なんだろう?
仕事は辞めて来たのor休んで来たの?
なんで他の国でなくマルタに留学を決めたの?
 
など疑問がいっぱいあったので、聞いてみました。
 
マルタ留学同窓会
 
 
★Yさん(右)…仕事を辞めずに有給休暇を使っての留学
仕事で英語ブラッシュアップが必要で、いつか留学にいかなきゃ…とずっと思っていた。
と思っているうちに2018年が終わる!今年中に行かなきゃ!!と急遽決めてギリギリ2018年内に留学をしたそう。
(帰国後翌日すぐに仕事を入れていたため、時期的に忘年会や年末の仕事で超ハードだったそう。笑 年末に留学する人はこの辺りもスケジュールにいれておこう☆)

・期間:1週間
・滞在先:ホテル(自分で手配。学校から徒歩10分ぐらいのホテル。オフシーズンなので、ハイランクのホテルもめちゃ安くお得だったそう。)
・申込み:留学エージェント(なんと偶然DEOWさん!ありがたや!)
 
 
★Kさん(左)…仕事を辞めて留学
退職後、次の転職先をすでに決められていた超計画型。入社までの間を有効活用するために留学。

・期間:3週間
・滞在先:ホームステイ(しかし、珍しく門限があるお家だったため、友達と遊ぶ時間が制限されたため、そこだけ少し悔やんでいた)
・申込み:自分で直接学校へ手配
 
 
ふーむ…さすが男性陣。
 
女性が留学をする際に取る手段や申込み方などと違い、独自性がありますね。
 
自分のスタイルで、できるところは自分でやる、という男性らしさが垣間見えます。
 
 
 

冬のマルタ留学の様子をチラ見せ

 
『新版 まるごとマルタのガイドブック』にも、1週間留学の様子を写真付きで掲載しております。
 
私もちょいちょい出ていますよ。笑
 
しかし、本だと写真が小さいので、ぜひこのブログで写真大きめで見て下さいませ。
 
 
こちら↓の写真は、留学最終金曜日に行った同日入学で仲良くなったメンバーとのラストディナー!
 
私とYさんが、ともに1週間留学が終了ということで、フェアウェルパーティです。
 
私の笑顔がめっちゃ笑いすぎて怖い。笑
 
マルタ留学 お別れディナー
 
『まるごとマルタのガイドブック』にも掲載しているレストラン、Peppino’sに行ってきました。
 
Peppino'sペッピーノス マルタ
 
Peppino'sペッピーノス マルタ
 
メインの本日の魚だったかな?(取材でない時は、スイッチ入っていないので、メニュー名とか覚えてない…笑)
 
Peppino'sペッピーノス マルタ
 
私が注文したのはこちら↓。
エビのガーリック炒め(みたいな感じ。正式メニュー名忘れた、ごめんなさい!)
 
Peppino'sペッピーノス マルタ
 
このエビのメニュー、実はメインメニューではなく、前菜メニューなんです。
 
 
ここで! マルタのレストランでの注文方法の裏技を伝授!!
 
実は前菜メニューに載っているものは、メインコースに変更できるのです…!!
 
そのかわり、量が多くなる分お値段は少しだけアップします。
 
といっても、そんなバカ高くはなりませんのでご安心を。
 
ほかのメイン料理と同額ぐらい、または若干割安な場合も。
 
 
 
前菜メニューをメインコースにするメリットは、
 
1)メニューで選べる幅が増える
2)前菜より多い量を楽しめる
3)前菜オーダーのみだけだと、付け合せのグリル野菜・ポテト・パンなどが出てこないけど、メインコースにすることによって付け合せも食べられる
 
てとこでしょうか。
 
 
・メインメニューに食べたいものがない
・前菜メニューに食べたいものがあるけど前菜の量だとちょっと量が少ない
 
…という場合は、ぜひこの裏技使ってみて下さいね!
 
 
 
レストランによっては、
 
・前菜 €○
・メインコース €○
 
というように、最初からメインに変えられる旨と値段を書いているメニュー表を用意しているお店もありますよ。
 
 
ですが、メニュー表に書かれていないレストランでも「前菜をメインコースに変更できますか?値段はいくらですか?」と尋ねれば、たいがいのレストランで対応可。
 
ぜひ聞いてみてくださいね!
 
 
ただし、イタリアンのお店は対応不可のところがあるかも。
基本的にマルタ料理のお店は対応可能なところが多いです。
 
 
聞くの勇気いるわーと思われるかもですが、まぁなんでも英語の練習!交流や!と思って、積極的に質問して英会話をする機会を増やすことにも活用してみてー!
 
 

冬のマルタ留学時の様子チラ見せ その②

 
さて、話は留学に戻り…
 
 
お別れディナーを終えて、翌15日(土)に私はアパートを退出。
 
私は首都ヴァレッタにあるホテルに移り、ガイドブックの取材を再開しました。(留学中も授業がない時間は、取材して仕事もめっちゃしてたよー!)
 
 
そして、偶然にもその日はValletta2018欧州文化首都クロージングイベントがヴァレッタのセント・ジョージズスクエアで開催。
 
昨日ラストディナーをしてお別れしたメンバーから、ヴァレッタに行くよー誰かいるー?とWhatAppで連絡が入り、私も合流して飲みに行きクロージングイベントをみんなで楽しみました!
 
 
前日に、もうお別れか…なんて寂しい気持ちになりましたが、もう一度会うことができて嬉しかった!
 
 
その前に飲み&ご飯に行ったお店は、ガイドブックにも乗っている67Kapitali。
 
私がお店を選んだわけじゃなく、偶然彼らが先に67Kapitaliを選んでいました。
 
クラフトビールが充実したお店です。
 
 
食事後は、クロージングイベントのメイン会場にみんなで踊りに行きました。
 
が、
 
めっちゃさぶぅぅうううっ!!!ってぐらいホント寒かった。
 
夜で気温も低いし、海からの風がヴァレッタの街中にゴーゴーに吹き上げて来て。
 
写真から寒そうなの伝わるでしょ?
 
 
サンタ帽は、近くでクロージングイベントのスタッフさんが無料配布していました。
 
チカチカ灯りがつく帽子でとてもユニーク。
 
海外のこういうイベントグッズってほんと秀逸だよね。
 
 
 
と、こんなざっくり記事ですが、
 
★たった1週間の留学でも、海外の友達としっかり仲良くなれるよ! 英語を話す機会はたくさん作れるよ!
 
ってところがまず伝わったらよいかな。
 
冬より夏のマルタが魅力的…と、冬のマルタ留学は敬遠されがちですが(泳げないし)、冬のマルタ留学もメリットあって良いよ!
 
街なかのイルミネーションやクリスマスマーケットなど、クリスマス時期にしか体験できなことも多々あり魅力的でしたよ!
 
 

最後に:留学取材のおまけ写真&男性陣に聞く、マルタの魅力

 
『新版 まるごとマルタのガイドブック』には、私の留学体験レポートが掲載されています。
 
よって、ここまでに出てきた友達たちも映っているよ!
 
 
しかしながら…Yさんのみなぜか見切れたり、写真のタイミングで不在だったりと掲載されず。泣
 
しかも、顔出しOK〜!と取材にめっちゃ協力してくれて、色んなパターンの写真を撮らせてくださったにも関わらず、全ボツ!!笑
 
 
あ、別に映っていた写真がまずくてボツになったわけじゃないよ。
 
載せたい文章がありすぎて、写真が入り切らなかっただけです。
 
 
よって、せっかくなのでここでボツになった写真を記念に掲載!!
 
 
同日修了式だったため、一緒に修了証書を持ってパチリ☆
 
 
日本人向けのオリエンテーション説明会。
 
その様子がどんなものかを伝えたく、真剣に聞いてる風に!と少し指示を出し(笑)かなりいい感じに撮れた写真。
 
 
私的には「日本人向け説明会ってどんなんなの?」っていうのを少しでもイメージして頂くために載せたかったのですが、泣く泣くボツとなりました〜
 
そういったボツ写真は、ちょいちょい機会があればブログでまたアップしますね!
 
 
最後に、
男性陣にマルタ留学&滞在を経験してのマルタの魅力を伺いました。
 
 
答えは…
 
 
未開拓感!
 
 
おぉ!男性的な答えだなぁ。
 
 
★まだ手付かずな所が観光地や、文化や、生活に残っているところがすごく魅力的
 
★普通に生活ができる場所なんだけれど、いい意味でまだ整いすぎておらず、多少不便を感じるところも良かった
 
 
東京に住むお二人だからこそ、きっとその真逆を楽しめた点もあったのかなー。
 
 
「またマルタに行きたい?」と尋ねると
 
 
「めっちゃ行きたい」
「今すぐ帰りたい!」
「仕事を無理やり作って、マルタ出張に行けるようにしてみようかな…」
 
など、すでにマルタロス!!笑
 
めっちゃハマっとるやないかーい!
 
 
 
いつもトークイベントや交流会は女子多めなので、男性目線の意見を聞けるのは貴重でした。
 
 
女性だけでなく、男性もハマっちゃうマルタ。
 
性別関係なく、留学・旅でマルタに行く人がさらに増えるとよいな〜
 
 
 
Yさん、Kさん、取材ではご協力ありがとうございました!!
 
また同窓会しよーう!!!
 

※お断り:書籍およびブログでの留学レポートは、本人許可を頂いている方のみ写真&伺った情報を掲載しています。

コメントを残す